• HOME
  • 事務所紹介
  • 行政書士紹介
  • 費用報酬について
  • 無料相談会
「相続」が発生したとき、最も大切なことは 「相続」を「争続」にしないことです
相続の問題 1遺産分割について

個人商店を後継者の長男が引き継ぐことになりましたが、長男の割合が極端に大きくなり、弟から「法定相続分を請求する」と不満が出ました。
事業用資産といえども個人財産となりますので、事業主が死亡すればすべて相続財産となります。
法定相続のとおりでは事業用資産が散逸し事業が立ち行かなくなります。
一つの解決策としては、例えば「長男は弟に対して今後20年間毎年100万円を支払う」ことを条件にして足りない相続分を補てんすることが考えられます。
また、このほかに生前に個人事業主に長男を受取人とする生命保険に加入してもらい、長男から現金を弟に支払う代償分割が挙げられます。

※相続には遺産分割のトラブルが非常に多いです。
スムーズな相続手続きを行うためにも、遺言書作成などの生前からの相続対策を専門家に依頼されることをお勧めしております。

相続の問題 2相続人について

ご主人が亡くなった後、ご主人のお父様の介護などに献身的に尽くされた奥様は、ご両親に相続が発生したとき相続人になれるのでしょうか?
残念ながら、相続人にはなれません。解決策としては、ご主人のお父様と養子縁組をするまたは遺言で指定してもらうことが挙げられます。

※円満な相続をするためにも、事前に遺産分割などを考慮した遺言書を作成されることは非常に有効です。

上記2点は1例にすぎず、相続は状況により様々な問題が発生します。 当事務所では、各御状況にあわせた 問題解決をサポート致します!
費用・報酬について 事務所案内
毎週木曜日 無料相談会 を開催致します。
予約制となります。まずはお問合わせください。
相続・遺言資料請求

遺言書を作成した方が良い例

遺言書を作成した方が良い例のイメージ
子供がいない夫婦

子供がいないご夫婦の一方が亡くなられた場合、亡くなられた方の上の世代がすでに他界していると、亡くなれた方の兄弟が4分の1の相続権を主張できます。

将来ご夫婦のどちらかが亡くなられた場合に、他方にすべてを残したいとお思いの場合は遺言書作成をおすすめします。

再婚して連れ子がいる場合

再婚したとしても、再婚相手の連れ子は、養子縁組しないかぎりあなたの相続人になりません。
再婚相手の連れ子に財産を残したいとお思いの場合は、養子縁組か遺言書を作成する必要があります。

自営業をしていて、後継者に後をついで欲しい場合

この場合、後継者以外に相続人になる人がいる場合、当然その方たちも相続権を有しています。
この場合後継者とそれ以外の相続人との間でトラブルが生じないとも限りません。
法定相続分に応じて財産を分けようとすると、事業の経営・財産基盤を弱体化させることになります。
相続を境にして、事業が衰退してしまう例はたくさんあります。
ですから、遺言により後継者に配慮した遺産の配分指定を行うべきです。

相続人が誰もいない人

相続人がいない人(身寄りがない人)が亡くなられると、原則として財産は国に帰属することになります。
生前にお世話になった人・団体に財産を残したい場合は遺言書を作成することをおすすめします。

内縁の配偶者がいる場合

内縁の配偶者は、事実上夫婦として生活していたとしても、法律上の相続権はありません。
従って相手方が亡くなった場合、相手方の財産は相手方の相続人に全ていってしまいます。
相続財産が自宅の場合は、相手方の相続人から自宅からの退去を求めれるおそれがあります。
内縁の配偶者がいる場合は遺言書を残しておきましょう。

法定相続人以外に財産をあげたい人は、下記のような「相続権のない人」に財産をあげたい場合は、遺言書を活用すべきです。
ただし、遺留分には気をつける必要があります。
「相続権のない人」に財産をあげる場合には、相続人ともめるケースが多いからです。

  • 内縁の妻
  • 愛人
  • 孫(子供が相続人となる場合)
  • 介護などで世話になった人 etc.
財産の種類・量が多い場合

これもトラブルの元になります。
生前に財産を整理しておく意味でも遺言書を作成おくべきでしょう。

例えば、不動産が多数、証券、預貯金、ゴルフ会員権など財産が分散しているケースです。

長男の嫁・孫に財産を残したい場合、例えばあなたが、お世話になった長男の嫁やかわいい孫にも財産を残したいという場合もあるでしょう。
しかし、長男の嫁や孫は相続人ではありませんので、遺言書がなければ財産を残せません。

自分の意思で財産の配分を決めたい人

自分が生涯をかけて築きあげた財産を、遺言者自身の意思で配分することができます。
遺言書は、適切な書式などに則って作成しなければ、効力を発揮できない場合がございますので、専門家への相談をお勧めしております。

相続人同士の仲が悪い場合

相続を境に、今まで仲が良かった相続人同士の仲が悪くなるケースはたくさんあります。
ですから、相続以前の段階で相続人(推定相続人)同士の仲が悪ければ、もめることは間違いないでしょう。

特に再婚をし、先妻の子と後妻がいる場合、先妻の子と後妻との間では、血のつながりがないため相続争いが起こる確率が非常に高いです。
このような場合、遺言者自らが自分の残した財産の帰属を決めておけば、相続を巡る争いを防止することができます。

営業時間
午前10:00~午後6:00
休業日
土日祝
住所
大阪市中央区久太郎町3-1-22
OSKビル306号
最寄駅
地下鉄御堂筋線
本町駅 12番出口より3分
地下鉄堺筋線
堺筋本町駅 11番出口より4分
お問い合わせフォームご質問等、お気軽にご相談ください。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ