• HOME
  • 事務所紹介
  • 行政書士紹介
  • 費用報酬について
  • 無料相談会
HOME > 相続について > 遺産分割協議について

遺産分割協議書は専門家である当事務所に御相談ください

遺産分割協議について

遺産分割協議についてのイメージ

遺産分割協議とは、相続開始により法定相続人の共有となった遺産を個々の財産に分けるため協議を指します。
遺産の調査および相続人の確定ができた上で、作成するのが遺産分割協議書となります。
分割協議がまとまれば、相続人全員の物であった遺産が、相続人ひとりひとりの個人所有物になります。
遺産分割協議書とは、この協議の内容を記載した正式な文書となります。

遺産分割協議書の作成方法

遺産分割協議書には決まった書式(書き方)はありませんが、いくつか注意点があります。

  • かならず法定相続人全員で協議をする事と、遺産分割協議は法定相続人全員で行わなければ効力がありません。
    戸籍調査の上、間違いの無いように注意してください。
    ※全員の協議ですが、全員が承諾した事実があればそれでよく、全員が一堂に会して協議する事までは要求されません。
    現実的には、1通の遺産分割協議書(案)を作成し、他の相続人に、この内容でよければ実印を押してもらう方法がよく取られます。
  • 法定相続人全員が、署名・実印の押印をする事についてですが、厳密には署名ではなく記名でもかまいませんが、後々の紛争・トラブルを防ぐためにも署名するようにしてください。
    印鑑は実印を使わないと、不動産登記や銀行手続が出来ません。
  • 財産の表示方法に注意不動産の場合、住所ではなく登記簿どおりの表記にしてください。
    銀行等は、支店名・口座番号まで書いてください。
  • 割り印が必要遺産分割協議書が用紙数枚にわたる場合、法定相続人全員の実印で契印(割り印)してください。
  • 印鑑証明書の添付遺産分割協議書には、実印の押印が必要ですが、それと共に印鑑証明書も添付してください。

以上が、遺産分割協議書を書く上での基本的なポイントとなりますが、円滑に手続を進めるために、専門家への御依頼をお勧めします。

営業時間
午前10:00~午後6:00
休業日
土日祝
住所
大阪市中央区久太郎町3-1-22
OSKビル306号
最寄駅
地下鉄御堂筋線
本町駅 12番出口より3分
地下鉄堺筋線
堺筋本町駅 11番出口より4分
お問い合わせフォームご質問等、お気軽にご相談ください。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ