• HOME
  • 事務所紹介
  • 行政書士紹介
  • 費用報酬について
  • 無料相談会
HOME > 遺言書について > 遺言書の種類

御状況に合わせた遺言書作成をお手伝いしております。

遺言書の種類について

遺言書の形式は 以下の3つに分かれます。
ヒアリングの上、御依頼者様の状況に合った内容をご提案させて頂きます。

※遺言を用意したものの紛失した(発見されなかった)というリスクの回避および、家庭裁判所で検認してもらう必要がなく手間がかからないという点で、公正証書遺言を行う事例が多いです。

  • 自筆証書遺言書
  • 公正証書遺言書
  • 秘密証書遺言書

自筆証書遺言書

自筆証書遺言書のイメージ

自筆証書遺言は、その名のとおり自分で書く遺言のことです。
伝えたい内容を自筆で書き、日付を記入し、署名・押印すればできあがりです。
用紙の種類や大きさ、筆記具は自由ですし、封筒に入れて封をするかどうかも自由です。
ただし、筆記具は消えないものが望ましいですし、ある程度秘密を保つためには、封筒に入れて封印するほうがよいでしょう。

自筆証書遺言の形式的要件
  1. すべて自筆であること(代筆・ワープロ等は無効になります)
  2. 用紙の種類・大きさ・筆記具は自由(筆記具は消えないものがよい)
  3. 日付は必ず記入する(日付が特定できないと無効になります)
  4. 署名・押印する(実印がよい)
  5. 封筒に入れなくてもよいが、通常は封筒に入れて封印する
  6. 封筒に入れた場合、勝手に開封できず、家庭裁判所の検認が必要
自筆証書遺言のメリット
  • 遺言書を自分で手軽に作成できる(自分で書くので手数料が不要)
  • 遺言書を自分で書くので秘密が保てる
自筆証書遺言のデメリット
  • 書き方に不備があると無効になる可能性がある
  • 自分で保管するために紛失・未発見のおそれがある
  • 相続開始時に家庭裁判所の検認が必要(費用・時間がかかる)

公正証書遺言書

公正証書遺言書のイメージ

公正証書遺言は、遺言者が遺言内容を公証人に伝えて作成してもらう遺言です。
証人が必要などの要件がありますが、公証人に作成してもらうということで法的には保護されており、家庭裁判所の検認を受ける必要がないなど、メリットが大きい遺言です。

公正証書遺言は、遺言者が証人2名の立会いのもと公証役場に出向き、遺言内容を公証人に口頭で告げ、それを公証人が筆記します。
筆記が終わると公証人が筆記内容を読み上げ、遺言者と証人が内容に間違いないと認めると、それぞれが署名・押印(遺言者は実印で捺印)します。

これに公証人が、遺言書が法律に従って作成されたものであることを付記して署名・捺印して完成です。
通常は3通作成し、原本を公証役場で保管し、正本と謄本は遺言者や家族、遺言執行者などが保管します。

公正証書遺言の形式的要件
  1. 証人2名が立会い、公証役場にて遺言者が遺言内容を公証人に口授する
  2. 公証人が遺言内容を筆記し、記載内容を読み上げる
  3. 遺言者と証人が内容に間違いないことを確認し、それぞれ署名・押印する(遺言者は実印)
  4. 公証人が、遺言書が法律に従って作成されたものであることを付記し、署名・押印して原本を公証役場で保管する

(正本・謄本は遺言者や家族、遺言執行者などが保管する)
※証人になれない人:未成年者,成年被後見人,推定相続人,受遺者,それらの配偶者,公証人の配偶者,4親等以内の親族など

公正証書遺言のメリット
  • 自分で保管する必要がない
  • 遺言書の存在と内容を明確にしておくことができる
  • 自分で書けない人も遺言書を残すことができる
  • 公証役場に出向くことができない場合は公証人に出張してもらえる
  • 家庭裁判所で検認してもらう必要がない
公正証書遺言のデメリット
  • 証人が立ち会うために、遺言内容を完全に秘密にはできない
  • 公証人に払う手数料が必要

秘密証書遺言書

秘密証書遺言書のイメージ

秘密証書遺言は、遺言の内容は秘密にしておくが、遺言の存在だけを明確にしておく遺言です。
一般的に、自筆証書遺言と公正証書遺言の中間的なものといわれています。

秘密証書遺言は、遺言者が遺言書を作成、署名、実印で捺印し、封筒に入れ、遺言書に用いた実印で封印します。
その遺言書をもって、証人2名立会いのもと公証役場に出向き、公証人に遺言書を提出して、自分の遺言書であることや、氏名・住所を申述します。
公証人が日付と遺言者の申述を封紙に記載し、遺言者、証人、公証人が署名・押印して完成です。
遺言書は遺言者自信が保管することになります。
秘密証書遺言は、署名・押印さえできれば自分で書く必要がなく、代筆やワープロでもかまいません。
また、自分で書いた場合には完全に秘密が保たれ、証人がいるので遺言書の存在は明確になるというメリットがあります。
その反面、書き方に不備があれば無効となるほか、遺言書を自分で保管するために、紛失や未発見のおそれがあるなどのデメリットもあります。

秘密証書遺言の形式的要件
  1. 遺言書を作成し、署名・押印する(署名・押印を除いて、代筆やワープロでもよい)
  2. 封筒に入れ、押印に使った実印で封印する
  3. 証人2名立会いのもと、公証役場に行く
  4. 公証人に遺言書を提出し、自分の遺言書であること及び筆者の住所・氏名を申述する
  5. 公証人が日付・遺言者の申述を封紙に記載する
  6. 遺言者、証人、公証人がそれぞれ署名・押印する
  7. 遺言者自身が遺言書を保管する
秘密証書遺言のメリット
  • 自分で遺言書を作成した場合は秘密が完全に保たれる
  • 遺言書の存在を明確にできる
秘密証書遺言のデメリット
  • 書き方に不備があると無効になる可能性がある
  • 自分で保管するために紛失・未発見のおそれがある
  • 相続開始時に家庭裁判所の検認が必要(費用・時間がかかる)
  • 公証人に払う手数料が必要

営業時間
午前10:00~午後6:00
休業日
土日祝
住所
大阪市中央区久太郎町3-1-22
OSKビル306号
最寄駅
地下鉄御堂筋線
本町駅 12番出口より3分
地下鉄堺筋線
堺筋本町駅 11番出口より4分
お問い合わせフォームご質問等、お気軽にご相談ください。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ